いつから、デザイナー?

金曜日は、京都芸術大学での「非常勤講師」の日。
将来活躍する若い友人たちに会うのを楽しみにしています。

授業の冒頭いつも、少しお話しをします。私の想いを込めて、、
—————————————-
少し質問です。

「皆さんはいつから、私はデザイナーです。」
って言いますか?

国家資格がある訳でもない。
誰かが、今日から名乗って良いですよ。
なんて言ってくれない。

お仕事を始めたら?

以前、こんな事があったんです。
美大卒業して、社会人1年目の時です。

会社入って半年ほど経って、職場にも慣れてきた頃です。
9つ歳上の先輩、上司がいたんです。

ある休日、その先輩と買い物に出かけることがあったんです。

何か仕事上の買い物だったかと思います。
ふと、店員さんから

「何のお仕事してるんですか?」
って聞かれたんです。

私がその時答えたのは
「デザイナーの卵です。」
って
答えたんですよ。

実績もないし、自信もない。
私自身、自分で「デザイナーです。」って答えられなかった。

帰りに、その先輩から叱られました。

「君はもう卵じゃない!」って。
「もうプロのデザイナー。」だって

だって、自分のお仕事でお給料もらってるんでしょ。

自分にはまだまだ、甘えがあったんです。
自分自身に逃げ道を用意していたんですよ。

自分自身がもうデザイナーだって
思えば、もうデザイナーなんです。
 根拠のない自身でいいんです。

そう思ったら、そうなっていくんです。

なので、皆さんも自信をもってね。
自分には価値がある事を理解して毎日過ごして下さい。

では、本日の授業を始めます。

 

関連記事

PAGE TOP