代表略歴

代表略歴

上田雄一郎

ものづくりの想いをカタチに、らしさを価値に!

1972年生まれ。 

 大阪芸術大学デザイン学科卒業

【1995年】

ものづくり企業の商品開発部に就職

5年間工業デザイナーとして勤務。
自分のデザインが商品化され企業イメージへと繋がる事に 大きな喜びと責任を知る。
ただ、企業のブランド認知度が高かったゆえに、 もし企業の看板がない場合の自分の価値はどうなのか?
という自問自答をする様になる。

自分自身を高める為に留学を決意。

【2000年】

 デザインの国イタリアへ留学。

語学習得期間の後、ミラノで就学、後デザイン事務所に勤務。
現地で生活する事で文化の違い、習慣の違い、
情熱、 人生の楽しみ方を学び、デザインの現場では 合理性の中にも美しさを忘れない感性を学ぶ。
事務所との契約満了につき、退所し帰国。

【2003年】

工業デザイン事務所に勤務。

帰国後、デジタル技術を最大限まで活用するデザイン手法 を取るデザイン会社に就職。
ますます活用の幅が広くなる 3Dデータを製作&活用する技術を習得。
ただ、短納期でデザイン&設計しなければならない事案が 多くなり、
アイデアの【こころ】を表現しきれていないと 考える日々が多くなる。

独立を決意。

【2006年】

クオーレデザインを設立。
(2008年 株式会社クオーレデザインへと法人化)

クライアントのアイデアや想いを受け止め、
 <らしさ>や<存在意義>を表現し<誰かの為>
になる様に、

丁寧に【こころ】を込めてデザインワークを
行っている