光の中でカタチになっていく。

アイデアの【こころ】をデザインするプロダクトデザイナーの上田雄一郎です。

先日導入した【光造形機:GKtwo】,かなりクオリティの高い試作が出来る!

光造形機 GK two 試作機 デザインモデル ものづくり 工業デザイン プロダクトデザイン

ここで解説しよう。光造形機とは
———————————-
紫外線を照射すると硬化する特殊な樹脂素材(レジン)を使い、造形物を1層ずつ印刷していくタイプの3Dプリンターである。
———————————-

簡単なイメージでいうと、水たまりの4次元ポケットから自分のデザインした物が、にょきにょきと せり上がってくる感じである。

光で照らして造形しているので騒音もない、火の気もないので夜中でも安心して可動させられるのである。

レジン投入 光造形機 造形準備

光造形機 造形前 

ただ、難点は造形後の洗浄と2次硬化。

出来上がった直後はべとべと状態なので、綺麗に洗浄してあげてもう一度UVランプで硬くしてあげる必要がある。

これまで、フィラメントと呼ばれる樹脂を溶かしながら積層するタイプの試作機を使ってきたが、それと比べると後処理は大変なものの精度が断然高い。

光造形機 GK two デザインモデル

以前であれば、何百万円もした設備が今ではかなり安価に導入できる様になった。
1億総デザイナー時代の到来である。

だからこそ、何を作るのか?そのデザインにはどんな価値があるのか?
をしっかりと考えて今まで以上に気を引き締めて取り組んで行きたい。

 

クオーレデザインはデザイナーが直接相談に乗ります。

幅広い業種との実績があるデザイナーが直接製品デザインの相談に乗り、お客様の「こころ」をカタチにするお手伝いを致しますので、下記よりお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

また弊社では、オンラインミーティングソフトを使用し、画面共有やプロトタイプ郵送などによる完全リモートでのプロダクトデザインも行っておりますので遠隔での工業製品デザインに係るあらゆるご相談は下記をご参照の上お問い合わせください。

工業製品デザイン 遠隔 リモート開発

リモート開発の実例はこちら!

オンラインデザイン完納しました。 | 大阪の工業製品デザイン-クオーレデザイン

関連記事

  1. 大阪 プロダクトデザイン 夏季休暇
PAGE TOP