ヒカルン

ヒカルン

手元非常灯

いつもあなたの傍において。
愛らしい存在感の【手元非常灯】の提案デザイン

◆目的

~地震国日本~私たちにとって地震は特別な事でなく、当たり前の事。
特別な防災ではなく、<普段使いの防災><防災といわない防災>。
そんな製品を目指したい。

◆課題 

出しっぱなしの状態でも生活の一部となりなじむ事。
色々な使い方が可能で、いざという時に役にたつ事。
被災した場合、人のこころまで癒す存在である事。

◆戦略

自らのボディを行灯的にやさしく照らす。
スポットライト的に必要な方向のみをしっかり照らす。
自己発電できる構造により電気のない環境でも照明となる。
それらの基本的性能を持ちつつも愛らしいフォルムで包み込む。

◆成果

だるま型の安定した、且つ愛らしいデザインにより、気持ちをほっとさせ
万一の避難所生活においても他者とのコミュニケーションのきっかけとなると考える。
人々の【こころ】にも明かりを灯すデザインであると考えている。

◆製作期間

約2週間
自主制作案件