コードレス穿孔器

SPモータドリル

コードレス穿孔器

ドクターのパフォーマンスを最大限に!
手放せなくなる【コードレス穿孔器】のデザイン

◆目的

ドクターが手術中に患者さまの状態に集中できる様に、煩わしいコードがない製品の開発。
プロ仕様の道具としての信頼性、安心感を具現化する。

◆課題

重量のあるバッテリーをバランス良くレイアウトしドクターに疲れを感じさせない事。
手中において適度なグリップ感、操作性の良さを具現化する事。

◆戦略

バッテリをグリップ上部センターにレイアウトする事によって重さを極力感じさせなくする。
T字形状にする事により、長時間使用で握力が低下した場合でも手中で安定する様にする。

◆成果

効率的なレイアウトによるバランスの良さでドクターの疲れ低減につながった。
バッテリーとグリップの2ボリュームにする事によりデザイン的にメリハリがつき
コンパクトなイメージ実現できた。

◆製作期間

約5年
筐体デザイン 基本設計 カタログ用CG製作

◆クライアント

エス・アンド・ブレイン株式会社

https://www.sbraincorp.jp/